リンダ・ロンシュタットを歌おう! その2

カラオケ JOYSOUNDで
リンダ・ロンシュタットがアルバムで歌っていた曲を
他のアーティストで入っていても
歌いましょうという企画。

今回は『Don't Cry Now』(1973年)から。


Don't Cry Now
Asylum Records
2009-12-08
Linda Ronstadt

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Don't Cry Now の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



まずはこれです。

「Love Has No Pride」 Bonnie Raitt



Eric Kaz のこの曲はすでにBonnie Raitt のヒット曲だったわけです。
ヒット曲のカバーということ自体は珍しくないでしょう。
リスペクトもあると思います。
はい。『Don't Cry Now』というアルバムの話はまた別の機会に。

Bonnie Raitt で聴くと
Linda Ronstadt は感傷的、または感傷的過ぎると書かれていたのに
納得します。

Bonnie Raitt のカラオケで歌う時は入りすぎないように注意ですね。


次ですが。
「Silver Threads And Golden Needles」 でして
前回記事参照。

このような動画発見。




さてさてその次。
来ました。
Eagles 「Desperado」

この曲はカバーも多いのですが。
<リンク> 「ならず者」イーグルス ウィキペディア日本語版

↑ここにもあるように
本家よりも先に発表されていたところがポイント。

ですが日本ではイーグルスがメジャーなのだろう。。。



いいのです。
リンダ風に歌い上げるもよし。

というわけで『Don't Cry Now』からは3曲歌えます。


1974年のアルバム『Heart Like A Wheel』。

ここは侮れない!

「When Will I Be Loved」は本人さんヴァージョンでありますが。

なんと
Little Feet 「Willin'」
あります。



この原曲とリンダの元気な歌唱との対比もおもしろいところであります。
それを合っていないと感じる人もいるだろうし
楽しめる人もいるでしょう。

私はあまり Little Feet には親しんでこなかったので
リンダの歌声の印象が強いですが。
あぁ、そういう語りをし出すと長いので
次。

まさかの
「You Can Close Your Eyes」 Sheryl Crow

Sheryl Crow がカバーしているのを知らなかったです。
James Taylor のところにあるならまだしも。



これはどこが出どころだかなかなかわからず。
2007年のグラミー・ノミニーに入っています。
あぁ、だからカラオケに入ったのか。


2007 Grammy Nominees
Strategic Marketing
2007-01-30
Various Artists

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 2007 Grammy Nominees の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Dexie Chicks の「Ready To Make Nice」の年ですね。
…いきさつ調べきれず。
ノミネートだけだったようなので検索できず。。。
でもノミニーのアルバムに入るとカラオケになりやすい例でもありますね。

ここで『Heart Like A Wheel』終了。
リンダ・ロンシュタット名義を含めて3曲歌えます。

今回はここまで。。。
いつまで続くかわかりませんが。

この記事へのコメント

2013年06月10日 13:16
こんにちは
鈴木祥子サンの新譜情報が昨晩解禁になりました

カセットシングル&ライブアルバム
来月同時発売なんですが

なんとカセットシングルに
Heart Like A Wheel のカバーが収録ですよ
タイムリーですね~
http://www.bearforestrecords.com/information/index.html
Chunky
2013年06月15日 19:35
あ さん
祥子さん情報ありがとうございます。
「Heart Like A Wheel」を選ぶ祥子さん、素敵です。
レコードばかりでなくカセットなのですね。