「I Want To Hold Your Hand」

映画『アクロス・ザ・ユニバース』の中で
ぐっと引き込まれたのが
前半にプルーデンスが歌う「I Want To Hold Your Hand」。

邦題が「抱きしめたい」ですが
”だきしめさば”の親である陣内大蔵の「抱きしめたい」と混同することは・・・
ほとんどないです。

歌詞の訳を字幕で見ながら
邦題の「抱きしめたい」からくる印象と歌詞の内容の違いを思いました。

”抱きしめる”動きの主体は胴と腕です。
しかし、この歌の歌詞をたどってみると
気持ちは”抱きしめたい”かもしれませんが
どうしたいかというと”手を握りたい”です。

手に集中することで
胴体を寄せ合うこととは違う緊張感があり、
手の鋭い感覚で受け取る相手の情報、
温度や湿度や圧力といったものを深く深く取り込むことができます。

手の機能を深く理解した楽曲だと思ったわけです。

映画の中ではメイン・キャラクターにビートルズの曲名にある名前がついています。
ジュード、ルーシー、プルーデンス、、、
プルーデンスの存在はユニークです。

「Dear Prudence」はホワイトアルバムの収録曲。
いい場面でした。

画像

映画『アクロス・ザ・ユニバース』HP


The Beatles (The White Album)
Toshiba EMI
1990-10-25
The Beatles

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




1962-1966
Toshiba EMI
1993-10-05
The Beatles

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック