テーマ:Cocco

歌ってびっくり

鈴木しょうこさんのカラオケが JOYSOUND f1で 40曲になり なんとか全曲歌いたいものだと スローペースで挑戦中。 paingiverワーナーミュージック・ジャパン 2000-07-26 鈴木祥子 Amazonアソシエイト by 先日「paingiver」にチャレンジ。 この歌は 驚異的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近、頭の中でリピートの3曲

なんだか頭を離れない曲がありまして。 その1 高橋優 「陽はまた昇る」 これは、映画『桐島、部活やめるんだって』の主題歌。 映画とともに素晴らしい。 CD屋さんに久々に行ったら 高橋優、 ジャケットをこちらに向けて おそらく全作品並んでいた。 私としては たくさん聴けるとは思えないアーティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怨念系とくくってしまうのは乱暴か

知識として整理して わかるということと 理解するということが とてつもなく離れていると感じることがありますが。 怨念を抱いて生きる人のことを 本当に理解できているのか 自分に疑問を向けます。 自分の怨念に気づいていない・・・ としたら それも怖いです。 怨念系ソングは数々ある中、 私の印象に強く残っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再開は『KOTOKO』の予告編

こんにちは。 意外と早く諸事情から抜け出し Chunky's Room 再開いたします。 今後ともよろしくお願いします。 気になっていることは いくつかありますが。 出てますねー。 Cocco主演『KOTOKO』の予告編。 きてます。 これは観ないとなぁ。 なんとも。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Cocco出演の映画

2012年公開予定の 映画『KOTOKO』。 この監督さんの映画は 記憶の限り観たことが ・・・ない。 『ヴィタール』の監督さんですね。 なんだか痛々しくて。 <リンク> 映画『KOTOKO』 HP 外国で賞を取っていますね。 HP内に受賞の様子や 東京で上映されたときの 監督さんとCoccoの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「blue bird」

Coccoのこの曲について 書いていなかったなんて。 何のおまけでしたっけねーなんて。 自分でこのBlogに書いていました。 シングル「陽の照りながら雨の降る」の初回盤の ボーナス8cmシングルでした。 これ映画の曲でしたね。 『ヴィタール』という浅野忠信が出ている。。。 あ、それもこのBlogに書いていまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”はながら”と検索したら

ようやく Coccoの「花柄」を歌うことができました。 JOYSOUNDさん、ありがとう。 検索のときに 濁点が無視されて検索結果が出るので 「花柄」 の次が 「鼻から牛乳」で ちょっと笑いました。 Coccoの歌を歌ったので 10年経ちましたが 私は生き延びています。 活動を再開したCo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「花柄」

Coccoの『ザ・ベスト盤』に収録されている 「花柄」という曲。 SINGER SONGER でライブでやった曲だそうですね。 私が見たのはこれではないですよ。 青いドレスでCoccoが歌っているものでしたが みつかりませんでした。 ザ・ベスト盤(初回限定盤)ビクターエンタテインメント 2011-08…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『Cocco ザ・ベスト盤』

Coccoのベスト盤は 何かが起きている。 ザ・ベスト盤(初回限定盤)ビクターエンタテインメント 2011-08-15 Cocco Amazonアソシエイト by これがまた 一曲、一曲いいですね。 それが連なっていく気持ちよさ。 DISC 1が活動休止までの曲。 DISC 2が活動再開後の曲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も 栄ミナミ音楽祭

今年もあります 栄ミナミ音楽祭。 今年も伍々慧さんは来るのですが 気になるこの方。 柴草玲さんです。 この方のお名前に馴染みがあるのは Coccoが歌った曲の作曲をしていたからでした。 まずは「強く儚い者たち」。 この皮肉を含んだ詞に 見事な曲をつけています。 このノリは 私にとっては特…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「やぎの散歩」

シングル「ニライカナイ」のCDに入っている 「やぎの散歩」。 映画『やぎの冒険』のために Coccoが書き下ろしたという。 映画『やぎの冒険』は 若い監督ということで話題になっていた。 <リンク>→公開後の舞台挨拶のニュース 沖縄とか文化とかいろいろ背景がある中で 十代の少年が伝えたかったことに 興味が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう動けない

空が崩れ落ちてくるイメージの話を 前にも書いた気がします。 不安と安心。 現実と非現実。 未来は 輝いてはいない。 失うのは一瞬。 失ったことにとらわれて 過ごす時間は果てしない。 閉塞ではなく 密閉。 互いに手を伸ばしても 届かないことが ある。 貧しい心は どこに動けばいいのだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

粉々の空

なかなかきつい状況は続いております。 いろいろなことが変わって 変わりつつあって いつ終わるのかと思いますが、終わらないのだろうと思います。 なかなか Emmylou Harris に戻れないのですが 記事は書こうとしています。 さて、 Coccoに共感を持ったことのひとつに 空が壊れるイメージがあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

引き続き…何がしたいのか

Coccoが映画の中で ”沖縄だけじゃなかった”と 気づいて各地を訪れています。 そういうことに気づいたかなぁと 思うのです。 なんだよ。 この国は 豊かじゃなかった。 だから 何をやってきて 何を今していて これから何がしたいのかを しっかり考えないとと 思っているのです。 大丈夫である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルバム出ますが

Coccoの新しいアルバムが出るようです。 エメラルド(初回限定盤)(DVD付)ビクターエンタテインメント 2010-08-11 Cocco Amazonアソシエイト by でもまぁ、 心にも体にも余裕はなく。 入手するかどうかは未定です。 ベスト+裏ベスト+未発表曲集ビクターエンタテインメント 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

強い光と影

夏です。 間違っているような暑さです。 ネットに夢中になって 熱中症になりませんように。 渇きを感じる前に 水分補給を。 さて。 Coccoの「ポロメリア」なのですが それほど季節を強調した歌ではないと 思っています。 Cocco、沖縄、米軍基地、戦争・・・という連想も手伝ってか。 夏という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連想曲 AGAIN

似ているとまではいかなくても なんだか思い出す曲。。。 よく聴いた曲が記憶に強く残っているからなのでしょうか。 Coccoの「バイバイパンプキンパイ」を聴くと。 Alanis Morissetteの「You Learn」を思い出してしまいます。 曲は似ていないですよ、全然。。。 このふたり、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨を呼ぶCoccoの新曲

もうすぐ梅雨ですね。 先日、東海テレビのめざましテレビで Coccoのインタビューをみました。 私は自分では Coccoのファンだとは思っていないのです。 CDも全部持っているわけではないし、 DVDも雑誌も本もその他メディアも 特に持っているわけではないのです。 ただ、この人の活動には注目します。 共感す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌にしみこんだ記憶

私がひとりでカラオケに行くようになったのは リハビリだった話を書いてきました。 それはだいたいCoccoの記事です。 久しぶりにカラオケに行って Coccoの歌を 最近のではなくて昔の歌を歌ったら リハビリの時の状況が浮かんで声が詰まりました。 ちょっとした歌詞に バシッと重なるものを 歌いながら感じたりします…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KISSを込めて・・・

Coccoの「ジュゴンの見える丘」は まぁ聴かず嫌いといいますか タイミング待ちな曲でしたが 「Heaven's Hell」もそうだったわけです。 マキシシングル「ジュゴンの見える丘」(2007年)は 4曲入りです。 「ジュゴンの見える丘」 「Never ending journey」 「Heaven's H…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やさしい橋

Coccoのシングル『羽根』であります。 2001年。 羽と羽根の違いを今、知りました。 ”羽”は生えていて ”羽根”は抜けているものなのですね。 変換の時に出る意味はありがたいです。 それを知るとますます深い「羽根」ですが 今回はカップリングの曲についてです。 このシングル。MAXI Single …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Raining」を歌って思う

Coccoの「Raining」をカラオケで久々に歌いました。 この曲は学校が舞台で女学生の気持ちを歌っているにもかかわらず 年齢を超えた普遍があるように思います。 『クムイウタ』(1998年) 歌詞がどうのという話はあえて今回はしません。 歌詞はそれぞれ必然だったのでしょう。 Coccoの映画を観てから …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『きらきら』

Coccoの『きらきら』(2007年)です。 映画『大丈夫であるように』のおかげで とっつきにくかったタイトルもOK、納得。 内容も何曲か映画に出てきたし、受け入れやすくなっていました。 Coccoが映画の中で 大丈夫かどうか決めるのは自分だと言っていましたが そうなんですよ。 何を期待するかとふと思うわけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Coccoの映画の余韻

以前、Coccoがテレビで歌っているのを見たという記事を書いていました。 私が追いつけないので もしかするとずっと聴かないと。 「ジュゴンの見える丘」も そこを離れない願いのように感じると書いています。 日記って恐ろしいなぁと思います。 私は普通の日記帳は書いていません。 書こうとしても捨ててしまうのです。 だか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『大丈夫であるように―Cocco終らない旅―』

Coccoのドキュメンタリー映画 『大丈夫であるように―Cocco終らない旅―』。 是枝裕和監督。 これは相当言いたいことがあります。 が、迷っていたけれど観に行ってよかったです。 古い歌、新しい歌、そして沖縄の歌。 ふるさとがある人です。 Coccoは正直というかストレートな人で 投げるのも受けるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラウスを購入したら…

先日、新しくブラウスを購入し気に入って着ています。 ・・・ん?これは。 Coccoの『サングローズ』のジャケットにそっくり。 ところどころの赤が血に見えたりします。 潜在意識か?? サングローズビクターエンタテインメント 2001-04-18 Cocco Amazonアソシエイト by ウェブリブログ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Dream's a dream」

夢が夢だと気づくには現実が必要です。 Coccoの「Dream's a dream」はアルバム『サングローズ』(2001年)から。 このジャケットは好きです。 さて、"dream"が苦手と感じるこの頃の私には 夢から覚める方に目を向けたこのような歌に安心します。 ♪Time has come   Drea…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「つめたい手」

Coccoのシングル「けもの道」(2000年)のカップリング 「つめたい手」です。 ♪取り返せないものは 諦めてもいいのに   ぬかるんだ淵から たちのぼる未来は 擦り切れて粉々♪ この未来のイメージがピタッとくるんです。 壊れたあとの話です。 失ったものがあっても明日はあるという現実の歌。 それは希望とは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それでも聴かない…

偶然ではないと思うのです。 テレビのチャンネルを変えたら Coccoが歌っていました。 たぶん実際に会ったら この人苦手かなーと思いながら。 Coccoの歌にはお世話になりました。 Coccoの歌をカラオケで歌うことが リハビリでした。 強いとか弱いとかではなく 亀裂が入ったような圧力と重みの中で 息をし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ベビーベッド」

Coccoに長男がいたという話題を ネットで読みました。 ほぉ。 そしてすぐに思い出したのが「ベビーベッド」という曲。 ↑1stアルバム『ブーゲンビリア』(1997年) ♪あなたに瓜二つの 生き物が 私の子宮から 出てきたら   バンドを呼び集めて 舞い踊り その子の誕生を喜ぶわ    あなたのように 私を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more