テーマ:I still love Stills

訃報、ダラス・テイラー

クロスビー、スティルス&ナッシュの来日が決まっているところで ダラス・テイラーの訃報。 <リンク> クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングのドラマー、ダラス・テイラーが死去                                                      音楽情報amassより <リンク> Da…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Crosby, Stills & Nash 来日公演決定!

急に決まって急に変更は覚悟ですが。 Crosby, Stills & Nash が来ます! 公演日程 【東京】3/5(木) 東京国際フォーラム ホールA     3/6(金) 東京国際フォーラム 【大阪】3/9(月) フェスティバルホール 【福岡】3/10(火) 福岡サンパレス 【名古屋】3/12(木) 名古屋市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

InterFM名古屋開局!

4月1日。 私のラジオは コンセントが抜けると 登録してあったラジオ局のダイヤルが すべて消えてしまう。 このコンセントに接続しているコードが よく抜ける。 その朝も いつものように抜けたので 登録し直し。 いつものように コミュニティ局の次にZIPを入れて その次はFM AICHIのつもりが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あーもう本当に

年度末。 消費税増税。 なにかとせわしい3月のおわり。 Stillsの『Carry On』いいですね。 よくぞボックスセットを作ってくださいました。 アレンジ違いや未発表テイクにもワクワクするのですが そうでなくても スティスルすごい!と 頷いております。 4枚組のCDですが その4枚それぞれの1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカデミー賞おめでとう!『バックコーラスの歌姫たち』

映画『バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち』 素晴らしいドキュメンタリーでした。 主役は歌姫たちですが その周辺のアーティストたちにも興味がわきます。 最初がルー・リード。 ちょこっとかかわっています、スティーヴン・スティルス。 楽曲が出てきます、ニール・ヤング。 楽しめました! おめでとうございます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご報告

最近、更新の頻度も落ち こういうタイトルが来ると 自分でもブログ休止のお知らせかなと 思ったりしますが。 そんなことはありません。 これを購入したという報告です。 Carry on (4cd)Rhino 2013-03-26 Stephen Stills Amazonアソシエイト by Step…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今さらですが

大瀧詠一氏が亡くなってから 追悼番組をラジオで聞いたりしていまして。 大瀧氏ご本人が はっぴいえんどはバッファロー・スプリングフィールドだった というようなことを言っている過去の番組を 聞きました。 おぉぉ。 そこでスイッチが入って バッファロー・スプリングフィールドの ボックスセットを 聴きなおしており…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『Stills Alone』が聴ける?

Stephen Stills のアルバム 『Stills Alone』(1991年)。 「Treetop Flyer」がYou Tubeで聴けるので もしかしてアルバムも聴けるのではと期待。 再発希望は変わりませんが。 Stills AloneVision [Sel658] 1991-09-11 Stephen…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訃報とトップ10ソング

エヴァリー・ブラザースのフィル・エヴァリーが亡くなった。 長いこと患っていたようだ。 ご冥福をお祈りします。 そのニュースをネットで見ていたら 他の新着情報に目がとまった。 スティーヴン・スティルスのトップ10ソング。 なんですと? <リンク> Top 10 Stephen Stills song …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訃報と誕生日

年末の大瀧詠一の訃報には驚いた。 ラジオで追悼のリクエストがかかっていたりして その楽曲に触れているのは悲しい。 特別ファンではなかったですが はっぴいえんどの中で スティルス色を一番出していると思ったのが 大瀧詠一だった。 そのスティーヴン・スティルスの誕生日が 1月3日。 日本では三が日などという慌ただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『Can't Get Enough』

Can't Get EnoughSavoy Jazz 2013-08-27 Rides Amazonアソシエイト by Stephen Stills の新しい活動! 新着CDです!!! The Rides というグループで アルバムが出たのです。 <リンク> Stephen Stills オフィシャルHP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんかこう音楽に頼るというか

音楽を聴いて 力を振り絞って生きていく時期というのが たまに訪れます。 音楽から 元気がもらえるほど甘くないのです。 久々に Crosby, Stills & Nash のグレイテストヒッツなんか かけたりしております。 Greatest HitsAtlantic / Wea 2005-03-14 Cro…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スティルスファンの皆様、『プロメテウス』は?

興奮のあまり 中途半端なタイトルになってしまいました。 スティーブン・スティルス ファンの皆様!! 映画『プロメテウス』はご覧になりましたか? <リンク> 映画『プロメテウス』公式サイト 西暦2089年ということですが。 宇宙船プロメテウス号のキャプテン ヤネックの言動に注目です。 ↓右側がキャプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

珍しい受賞記録なのに

このようなDVDがありまして。 ロックの殿堂 25周年アニバーサリーコンサート Legend Side 黄金のロック伝説編 [DVD]バップ 2012-04-18 Amazonアソシエイト by 25周年のライブは確かにすごいのだろう。。。 しかし Stephen Stills が ロック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Manassas 『Pieces』 その3

Stephen Stills 率いる Manassas のアウトテイクを集めたアルバム 『Pieces』(2009年)を聴いております。 10曲目は「High And Dry」 Stills 歌い上げております。 最後に拍手など入っています。 Stills の声って 意外と魅力的だったりするんですねー。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Manassas 『Pieces』 その2

Stephen Stills' Manassas の アウトテイク集という類のアルバム 『Pieces』であります。 Crosby, Stills & Nash   とか Crosby, Stills, Nash & Young  は それはそれは素晴らしい実績があって 作品も素晴らしい。 私もCS&Nがなかったら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Manassas 『Pieces』 その1

2009年に出ていた Manassas の『Pieces』という 未発表テイク集という感じのCD。 いやっ。そういう小物ではなく すごすぎて どう手をつけていいやらな内容です。 気持ちよく音楽している Stills の姿。 ちょっとおちゃめなのありです。 中にはManassas story というのが付いてい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

こういう熱ならいいのでは

昨日、「Bluebird」を聴いたせいで Stills 熱がきそうです。 I Still LOVE Stills ! とは 我ながらよく言ったものです。 (自画自賛) で、 Stills CD コーナーから よく見もしないで出したものが これ。 Manassas PiecesRhino / W…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いとしのオールディーズ

NHKラジオ第1の 金曜日、夜8時台から9時半まで ”いとしのオールディーズ”という番組があります。 毎回ゲストが選んだオールディーズがかかり、 トークを交えて進行していく内容です。 ゲストがミュージシャンでも その人の曲はかかりません。 なかなかいいプログラムです。 <リンク> いとしのオールディーズ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

5月は薔薇の季節

今年も鶴舞公園のバラ園は見に行けないのかー!? You Tubeに頼って手抜き記事です。 ”ROSE”といえば・・・。 Nash Ramblers とEmmylou Harris 「Roses In The Snow」! これはゴキゲン!! この曲は映画に使われていたのですねー。 こちらも映画。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

児童憲章 その5

子供が大切ということにも いろいろな行き着き方があると思います。 児童憲章の続き 7 すべての児童は、職業指導を受ける機会が与えられる。 8 すべての児童は、その労働において、   心身の発育が阻害されず、教育を受ける機会が失われず、   また児童としての生活がさまたげられないように、   十分に保護される。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Stephen Stills のTab譜本

偶然みつけたStephen Stillsの楽譜。 輸入品です。 ピアノの伴奏本が多いように思うこういう楽譜ですが そこはStills、尊敬を集めるギタリストですから ギターのTab譜となっております。 Tab譜は通常の5本線の楽譜と違って 6本の線がギターの弦を表していて 押さえる場所が数字で書いてあるとい…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「Colorado」

州名できまして「Colorado」です。 今回はManassasです。 『Srephen Stills Manassas』(1972年) アルバム進行が こってり、ギュイーンときて ぽこっとカントリーになってきたところで 「Colorado」が登場します。 タイトルが州名というのにも誘われるのか 郷愁を漂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その気になっちゃうAm7

『Crosby, Stills & Nash』(1969年) ギターでポロロポ…とアルペジオ風に Am7を弾くと それは… なんとなく「Helplessly Hoping」の前奏。。。 ちなみに ウクレレのAm7は全部開放弦です。 (ACEGチューニングの場合、Cチューニングっていうんでしょうか) これだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「To A Flame」

Stephen Stills の1st『Stephen Stills』(1970年) から 「To A Flame」です。 LPでいくとB面。 「Do For The Others」と「Black Queen」に挟まれてしまっている もしかするとこのアルバムの中で 最も地味な曲かもしれません。 ドラムのトココココ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

すごすぎてクラクラ

Chris Hillman を追っていると Manassas に来るわけです。 『Manassas』(1972年) なにかにつけてStillsのすごさを感じますが そのStillsのすごさを実現したまわりの人々もすごいと思います。 あぁ、ここにあなたはいたのですね、Chris Hillman。。。 ヴォーカル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「49 Bye-byes」

先日、ローカル番組でこの曲が流れていました。 『Crosby, Stills & Nash』(1969年) 今も再発されているアルバムです。 その最後の曲が「49 Bye-byes」。 いい曲です。 懐かしさは別にないし、古さを感じない。 聴かれ続ける音楽なんですね。 Stills が "Bye-b…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DVD『ロング・タイム・カミング』

1990年のドキュメンタリー 『ロング・タイム・カミング』 クロスビー・スティルス&ナッシュ Crosby, Stills & Nash の映像作品はいくつか出ていますが 私はこれしか見たことがありません。 最初の発売当時LDで見ました。 この度、サウンドベイ上前津店でDVDをゲットです。 これを見てGra…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『Just Roll Tape April 26, 1968』

Stephen Stills の未発表のテープが発見され 1枚のCDにまとまられたのがこれ。 『Just Roll Tape April 26, 1968』Stephen Stills(2007年) 全編弾き語りです。 まずはStills のなじみのあるアルペジオが響きます。 いいです。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

笑いの深み

今回は Crosby, Stills & Nash の『Daylight Again』(1982年)の 「Might As Well Have A Good Time」で David Crosby が少し笑っていたのを思い出したという話です。 きっかけは伊東四朗さんのインタビューをテレビでみたこと。 喜劇役者としての…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more