テーマ:Jefferson Airplane

Skip Spence のアルバム

Marty Balin 追悼記事で 更新が多くなっている今月です。 訃報を知ったのもここだったのですが、 「amass」というサイトでサイケデリックロックアルバム16選という記事をみまして。 <リンク>「サイケデリック・ロック・アルバム 16選」を英国の音楽誌Classic Rockが発表 そこに Ski…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追悼 Marty Balin / 「Plastic Fantastic Lover」

Marty Balin が亡くなって いろんな曲を思い出します。 「Plastic Fantastic Lover」は Airplane の2作目にして代表作とされる 『Surrealistic Pillow』の 最後に収録されていた曲です。 レコードでも十分にMarty Balin の魅力が発揮されていますが ラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追悼 マーティ・バリン

Marty Balin が亡くなりました。 Jefferson Airplane のオリジナルメンバー、ヴォーカリスト。 Airplane の魅力であるライブでの進化系バージョン。 何かが起きている!と感じる。 好きな曲の映像をみながら 追悼します。 「High Flying Bird」 Monte…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Jefferson Airplane ふぉーえばー

Marty Balin が亡くなってしまった。 人の人生が終わることは仕方のないことである。 Jeffeson Airplane の音楽には 最大級に感謝している。 そのバンドの創設メンバー。 彼がいなければ Airplane は存在しなかった。 AOR特集で Marty Balin の名前を見ると ”…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「SAYONARA」

Wikipedia で Marty Balin のところをみていた。 KBCBand は私にとっては幻のバンド。 Kantner, Balin, Casady ・・・ Paul Kantner 亡き今、本当に幻。。。 で、唯一のアルバム『KBCBand』の曲をみてみたら 「Sayonara」という曲が最後にあった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョン・D・ラウダーミルク

Jefferson Airplane で知った「Tobacco Road」という曲。 『Jefferson Airplane Takes Off』に収録されている 陰りのある魅力的な1曲。 作者のJohn D. Loudermilk氏が 82歳で亡くなったというニュースがあった。 John D. Loude…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めて手にしたのは

ポール・カントナーとシグニ・アンダーソンが 宇宙に飛び立った今年。 ちょっとYou Tube で見かけて これがJefferson Airplane で 初めて手にしたLPだったかもと また思い出したのです。 ”WORST” がとても気に入って。 もしかするとたいした意味はない。 たぶんない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追悼の選曲

2016年2月6日の NHK-FM ピーター・バラカンさんの ウィークエンド・サンシャインで Paul Kantner の追悼ミニ特集があった。 バラカンさんは 『Surrealistic Pillow』と『Volunteers』がお好きとのことで 選曲は次のようになっていた。 「Today」 「The B…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「We Can Be Together」

Paul Kantner の訃報以降 You Tube でJefferson 関連の曲を聴いております。 重要曲のひとつ「We Can Be Together」 Paul Kantner によるデモがありました。 そういう意図だったのよくわかるなーと思います。 VolunteersRCA 2004-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シグニも・・・

訃報が重なりました。 2016年1月28日 Paul Kantner が亡くなったその日 Signe Anderson も亡くなっていました。 Takes OffSbme Special Mkts. 2003-08-19 Jefferson Airplane Amazonアソシエイト by 『Je…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訃報が続きますが

今年は更新頻度を上げようと思っていたのに 最長更新しない記録になってしまっています。 訃報です。 David Bowie Glenn Frey そして 逝ってしまわれたのですね。 Paul Kantner あぁ、どうしよう。 かなりショックです。 享年74。 若…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Jefferson AirplaneでJorma Kaukonen 作の私が選ぶ5曲

さぁ、どこまで行くのかこの企画。 来ました。 Jorma Kaukonenが作った曲です。 『Takes Off』にはKaukonenの曲はありません。 「She Has Funny Cars」はMarty と Jormaの共作だったのですね。 そうして追っていくと 『Baxter's』では「The Last…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Grace Slick が作って歌っているJefferson Airplaneの私の5曲

Jefferson Airplane が聴きたいだけじゃないかという 疑惑を我ながら持つ企画。 いえいえ。 他のアーティスト、その他でも可能な企画なので ちょっと試しているだけ。 やりかけて ほっぽらかしている企画はいくつもありますが。 そんなこんななChunky's Roomへようこそ。 今回は Gr…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Marty Balin がいるAirplaneで私の5曲

以前、ラジオ番組のまねをして 私だったらこの曲をかけてもらう! と、選曲して楽しんだことがありました。 5曲選んでみようというわくわくする企画。 ひとりでワクワクですが。 そんな思いつきでまたタグが増える。 You Tubeを張り付けることができるので ”この動画は存在しません”などなどになるとは思いますが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"Loudermilk"

マリアンヌ・フェイスフルの来日公演が中止になった。 彼女の存在は気になるが 私には そのニュースはたいしたことではなかった。 そういえば マリアンヌ・フェイスフルも カラオケに入っていたっけ。 この「This Little Bird」の作者は Jefferson Airplane が取り上げた「Tobac…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々に『Takes Off』を聴いた

”るろ剣”をレンタルで読んでいますが 16巻が貸出中で中断。 京都編が盛り上がっているのになぁ。 それはいいとして。 ふとしたキッカケで 『Jefferson Airplane Takes Off』(1966年)を 久々に聴いた。 これこれ~。 この音です。 Jack Casadyのベースが特に好き。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Polly」のコード進行が…

Nirvanaの「Polly」という曲。 NevermindGeffen 2000-05-25 Nirvana Amazonアソシエイト by この超バカ売れアルバムに入っていたのですね。 『MTV Unplagged In New York』のイメージが強かったです。 この曲のコード進行にはまりまして。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

革新的というか音楽って何だろう

ピーター・バラカンさんのFMラジオの番組 ”ウィークエンドサンシャイン”で ビートルズの「Revolution 9」がかかった。 超有名アルバムの中の隠れ名曲という特集でした。 ”ホワイトアルバム”として有名なアルバム「The Beatles」の発売日は 1968年11月22日。 White Al…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いとしのオールディーズ

NHKラジオ第1の 金曜日、夜8時台から9時半まで ”いとしのオールディーズ”という番組があります。 毎回ゲストが選んだオールディーズがかかり、 トークを交えて進行していく内容です。 ゲストがミュージシャンでも その人の曲はかかりません。 なかなかいいプログラムです。 <リンク> いとしのオールディーズ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「Nature Boy」

これまたスタンダードな曲。 またまたラジオ深夜便です。 今回は ”ロマンチック・コンサート ヴィンテージ・ポップス :ナット・キング・コール集” を聞きました。 その中で お、この曲ってナット・キング・コールなのかー。 ・・・誰の歌で知っているんだっけ・・・ と思ったのが「Nature Boy」。 ベ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

その2曲目のセンス

NHK第一のラジオ番組 ”ラジオ深夜便”の内容で 何度か記事を書いています。 その”深夜便”から。 今回は、たまたま目が覚めて ラジオをつけたら 音楽をかける時間でした。 ロマンチックコンサートというコーナー。                   ヴィンテージ・ロック 侮れない番組です。 女性ロック…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

目覚めたとき

何かに刺激を受けて 音楽の中の何かに目覚める。 そうなんでしょうけど。 出会っていないと 好きにもならない。 小さい頃から 童謡や唱歌が好きだった私は ポケット歌集を 端から端まで歌っていた。 童謡・唱歌・思い出の歌 決定版―全274曲西東社 西東社編集部 Amazonアソシエイト by …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「Let's Get Together」

さて いよいよ アナログ放送が終了し テレビ番組から 解放される時が来ました。 テレビを部屋に準備して 電気を頼んで料金を払えば 民間放送はただで見ることができました。 やはり ただよりも怖いものは なかったのです。 原発を推進したこの国の価値観を ゆっくりと考えたいと思います。 さらり、さらり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当に D.C.B.A.

久しぶりに Jefferson Airplane です。 代表的なアルバムの『Surrealistic Pillow』にある 「D.C.B.A-25」という曲。 Surrealistic PillowRCA 2003-08-22 Jefferson Airplane Amazonアソシエイト by …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

うさぎといえば

干支を気にするのはお正月くらいです。 ウサギ年。 うさぎといえば やっぱり。 「White Rabbit」でしょう。 『Surrealistic Pillow』というアルバムは1967年の作品ですが まだ何か感じ足りていないような気がしてくるアルバムです。 文化的に考えていくと とてつもなく広がってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more